ようこそ「介護福祉士試験ガイド★講座 対策 受験 求人 仕事 問題集 合格 資格 通信教育 学校」へいらっしゃいました!このサイトは、介護福祉士試験が今とっても気になっているとか、介護福祉士試験を受験したい!または介護福祉士試験に合格したい!介護福祉士試験のテキスト問題集過去問求人とか仕事などの情報が欲しい!という方を対象に、様々なコンテンツを提供していきます。最近はネットで各種情報を得られたり、たとえば掲示板勉強法を検索したり、大変便利になりました。もちろん、介護福祉士試験の最新情報を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★介護福祉士 検索はこちら!★
Top介護福祉士試験 紹介 >介護福祉士試験について

介護福祉士試験について

介護福祉士試験資格、介護福祉士試験の講座、介護福祉士試験の講習など介護福祉士試験情報をお探しの方へ。まずはじめに介護福祉士試験の概要をご紹介します。(wikipediaより)

介護福祉士(かいごふくしし、英Care Worker)は、昭和62年(1987)に法整備により新しく誕生した社会福祉の国家資格。社会福祉士及び介護福祉士法の規定に基づいた資格で、身体的、精神的な障害により日常生活行動、たとえば、入浴、食事、排泄などの行動に支障のある人に対して介護し、自立した、人間としての尊厳をもった生活を送るための支援を行うことにすぐれた能力を有する者の国家資格であり、名称独占資格の一である。

概要
介護福祉士の活動場所としては、特別養護老人ホーム、デイケアセンターや障害者の福祉作業所、その他の社会福祉施設があげられる。また、在宅で生活している要介護者の自宅に通って援助する訪問介護員(ホームヘルパー)にも介護福祉士資格は有用である。
社会福祉士がソーシャルワーカーという英語名でも呼ばれるように、介護福祉士についてもケアワーカーという呼び方をする場合もある。

今後は、この職種の専門性を深めていくこと、他の医療、看護、リハビリテーションなどの職種との連携、相互理解などその職域の発展のためなされなければならないことが多い。介護福祉学会も誕生し、介護福祉学といった専門分野もその産声を上げた。

取得方法
厚生労働大臣の指定する養成施設を修了し登録名簿に登録する
介護実務経験3年以上で国家試験に合格、登録名簿に登録する
以上2通りの方法がある。

試験
筆記試験は1月下旬、実技試験は3月上旬にそれぞれ北海道、青森県、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県で行われる

試験科目
筆記試験
社会福祉概論
老人福祉論
障害者福祉論
リハビリテーション論
社会福祉援助技術(演習を含む。)
レクリエーション活動援助法
老人・障害者の心理
家政学概論
医学一般
精神保健
介護概論
介護技術
形態別介護技術
実技試験
介護等に関する専門的技能



posted by 介護福祉士試験 at 14:34 | 介護福祉士試験 紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。